医師紹介

患者さまにやさしい子ども臨床を目指します


 
藤井泰志医師の写真

南大沢メディカルプラザ2 副院長

ふじいやすし
藤井泰志

診療科:小児科
資 格:日本小児科学会認定小児科専門医・東洋医学会漢方専門医

 平成7年に慶應義塾大学医学部卒業後、同大学病院小児科の他、群馬県の総合太田病院(現太田記念病院)、横浜市立市民病院など大学関連施設で小児科診療に携わってきました。東洋医学の研鑽のため平成20年から6年間、東京女子医科大学東洋医学研究所に勤務して乳幼児からご年配の方まで年齢を問わず漢方の診療に従事していました。平成26年4月から当院で小児科の診療を行なっております。

医学部の学生の頃から漢方にも興味を持ち、医師になってからも少しずつ勉強を重ねてきました。仕事柄、時に風邪をもらう事もありますが、気づいたところですぐに症状に応じた漢方薬を飲んで対処しています。対処が早いほど回復も早いので、必要時にいつでも飲めるように普段から手元に幾つか準備しています。自分の子どもにも時々漢方薬を使っているのですが、小さい時にはなかなか素直に飲んでくれず、色々と苦労させられました。

 日々の診療の中で、お薬が何でも飲めそうなお子さんの場合、漢方薬の方が良さそうと判断した時には漢方薬をお勧めすることがあります(漢方薬をご希望されても西洋薬の方が有効だろうと判断した時にはあえて西洋薬をお勧めすることもあります)。漢方治療にご興味のある方はご相談ください。西洋医学・東洋医学双方の知識と経験を生かして、お子様のつらい状況を少しでも減らせるように、また、お母さんお父さんのご苦労も少しでも減らせるようにお役に立てればと思います。

→診療日はこちら


 
齋藤陽医師の写真



さいとうあきら
齋藤陽

診療科:小児科
資 格:日本小児科学会認定小児科専門医・東洋医学会漢方専門医

※2018年4月より診療開始。診療日はカレンダーをご確認ください。

 東京都で生まれ育ち、大学卒業後は主に大学病院で新生児医療を含めた小児科全般の重篤な病気を中心に21年間診療してきました。

その中で長期間の入院、辛い治療を乗り越えて元気になって退院していく子供たちの姿にいつも感動し、その生命力の強さに感心していました。しかし、長年多くの診療にあたっていると重篤な病気ではないのに辛い思いをしている子供たちがいることがわかりました。例えば検査をしても異常がないのに毎日お腹を痛がる、頭痛がある、発熱を繰り返すなどで幼稚園や学校にも行けなくなってしまうのです。重篤な病気はもちろんのこと、こうした子供たちを一人でも多く助けてあげたいという気持ちが強くなり、地域医療を志すことにしました。お子さんやご両親の話をじっくり聞いて、一人でも多くの子供たちに元気になってもらいたいです。

→診療日はこちら


 
江尻勇樹医師の写真



えじりゆうき
江尻勇樹

診療科:小児科
資 格:日本小児科学会認定小児科専門医

※2018年4月より、土曜日(第1・3・5)診療開始

 幼少期は奈良・京都で育ち、島根大学医学部を卒業後、京都で総合内科を中心とした初期研修2年間および小児初期診療を2年間、香川の小児病院で小児救急・小児総合診療および半年間の新生児内科研修を合わせて2年間、神奈川の国立相模原病院で食物アレルギーやアトピー性皮膚炎を中心とした小児アレルギーの研修を3年間行い、現在は多摩市の島田療育センターで小児の発達障害や小児神経領域を勉強中です。

私自身が幼児期から気管支喘息で自宅近くのクリニックで長くお世話になっていたこともあり、自分にとって小児科医といえば、当院のような「地域のかかりつけ医」のイメージが強いです。第1・3・5土曜日のみの担当ではありますが、私も同じように、みなさんが幸せに過ごせるよう尽力できればと考えています。些細なことでもご相談頂けると嬉しいです。

→診療日はこちら

ページトップ

南大沢メディカルプラザ 小児科

院内風景

〒192-0364
東京都八王子市南大沢2-25 フォレストモール南大沢2階

TEL
042-670-5922
FAX
042-670-5923

予約方法のご案内

地図

南大沢メディカルプラザ 小児科の地図

拡大