病気のお話

「かぜ薬」のおはなし

 かぜ症状で小児科を受診すると、大抵は症状に応じた「かぜ薬」が処方されます。痰を出しやすくする薬、鼻水を抑える薬、咳を鎮める薬など、色々な役割があります。 でも、「かぜ薬」を飲んでも、かぜ自体が早く治る訳ではありません(今のところかぜを根治する薬は存在しません)。かぜのウイルスに対抗するための抗体が出来上がっ て初めて、かぜが治ります。「かぜ薬」は、治るまでの間のつらい症状をやわらげる、時間稼ぎのようなものです。(抗菌薬(抗生物質)は、中耳炎や肺炎などの原因となった「菌」を殺すための薬で、適切に使用することで早く治ることが期待できます)

 咳や鼻水などの症状は、熱と同じように体を守るために必要があって出てきています。鼻や咽喉に付いて増殖したウイルスを少しでも減らすため、鼻水や痰にからめて外に追い出そうとしています。症状が軽ければ、無理に薬で抑え込む必要はありません。鼻の垂れ込みがひどくむせこんでしまうとか、咳がひどくて寝苦しそうとか、症状が強い時には薬で症状をやわらげるように対処していきます。

 また、「薬を飲んでいるからもう大丈夫」、ではありません。「かぜ薬」は症状をやわらげるためのものであり、『かぜそのものを治す薬』ではありません。ちゃんと薬を飲んでいても肺炎になるなど、症状が進んでしまう場合もあります。また、最初はかぜだと思っていたら別の症状が出てきて別の病気だったとわかる場合もあります。新たな症状が出てきたり、元々ある症状でも長引いていたり悪化したりする場合は、まだ薬が残っていても小児科に受診して、病気が重くなっていないかどうか判断してもらいましょう。

ページトップ

インターネット予約はこちら

必ず保護者同伴の上
ご受診ください。

予約方法のご案内


病気のお話



南大沢メディカルプラザ2 小児科

院内風景

〒192-0364
東京都八王子市南大沢2-25
フォレストモール南大沢2階

 

 TEL: 042-670-5922 

FAX:042-670-5923

受付時間 日祝
9:30~12:00 -
14:00~15:00
(完全予約制)
-
15:30~17:30 -
★(土)~15:30 ※非感染症の方のみ
=予防接種  =乳児健診
診療カレンダー
※診療規定により『平日の18時以降、土曜の12時以降、日曜・祝日の終日』の来院時間につきましては別途『夜間・早朝等加算』が発生致します。