病気のお話

臍ヘルニア(赤ちゃんのでべそ)と圧迫療法

 生後1ヶ月を過ぎたころから、臍(へそ)がぷっくり膨らんでくることがあります。臍の周りの筋肉が未発達で、大泣きしたりウンチの時に力んだりして腹圧がかかると、皮膚の下のすき間から腸の一部が盛り上がってくるためです。これを臍ヘルニア(さいヘルニア)と呼びます。

 そのままにしておいても通常は1歳~2歳頃、臍周囲の筋肉が発達する頃までには治まってきます。2歳までに90%が自然治癒すると言われています。自然治癒が期待できない場合は、すき間をふさぐ外科手術が行なわれます。また、膨らみが極端に大きくなってしまった場合には自然治癒しても皮膚のたるみが残って目立ってしまい、形を調える手術をすることがあります。

 

 最近、適切に臍の圧迫療法を行えば早く治ることが期待でき、治りきらずに手術が必要になった場合でも術後の見栄えが良いことが判ってきました。ガーゼ、綿球、スポンジなどを使った臍の圧迫療法がよく行なわれています(当院では丸めたガーゼを使用しています)。出っ張った臍を中へしまうようにガーゼで圧迫しながら、テープをはって固定します。定期的に受診し、臍や周囲の皮膚の状態の確認と貼りかえを行ないます。平均2ヶ月前後で治っていきます。
 まれにテープでかぶれたり、臍の周りが赤く腫れたりすることがあります。その際には圧迫療法を一時中断します。

 この圧迫療法はあくまで自然治癒を促す治療法になります。なかなか治らない、あるいは既に年齢が進んでいる場合には、手術を検討する必要があります。いつ頃まで自然治癒が期待できるかは色々な考え方がありますが、2歳を過ぎたら手術をすすめているところが多いようです。

 「元々自然治癒するものであり、1歳ぐらいまでは何もせず様子を見ていい」という意見もありますが、圧迫療法を早めに開始すれば早く治まり、自然治癒したときの皮膚のたるみを防ぐ効果も期待できると考えています。お子さんのおへその出っ張りが気になるようであれば、早めにご相談ください。

 

ページトップ

インターネット予約はこちら

必ず保護者同伴の上
ご受診ください。

予約方法のご案内


病気のお話



南大沢メディカルプラザ2 小児科

院内風景

〒192-0364
東京都八王子市南大沢2-25
フォレストモール南大沢2階

 

 TEL: 042-670-5922 

FAX:042-670-5923

受付時間 日祝
9:30~12:00 -
14:00~15:00
(完全予約制)
-
15:30~17:30 -
★(土)~15:30 ※非感染症の方のみ
=予防接種  =乳児健診
診療カレンダー
※診療規定により『平日の18時以降、土曜の12時以降、日曜・祝日の終日』の来院時間につきましては別途『夜間・早朝等加算』が発生致します。