予防接種

予防接種時のお願い

松居院長診察風景
  • 予防接種は予約制です。電話でご予約をお願いいたします。
  • 予防接種は通常の診療時間内でも接種可能です。
    (待合室は一般の患者様と同じとなります。)

ご来院の際は、必ず母子手帳をお持ちください。
母子手帳をお忘れの場合接種できません。

VPDってご存知ですか?

 子どもたちがかかってしまう病気はたくさんあり、なかには治療が難しく命にかかわったり、後遺症を残してしまうものもあります。予防する手段があることは子どもたちの健康を守るうえでとても重要です。ワクチンを接種することでVPDから大切な子どもたちを守ってあげましょう。



 当院ではVPD:ワクチンで防げる病気から子どもたちを守るために接種可能なすべてのワクチンを
適切な時期に接種するよう指導しています。


ワクチンデビューは、生後2か月の誕生日

当院はVPDの会の賛助会員です

ワクチンの用語に関する説明

1)定期接種と任意接種

ワクチンは定期接種と任意接種にわかれます。

定期接種 任意接種
・接種の対象者は予防接種を受けるように努めなければいけない。
・公費負担(自己負担がない)。
・受ける側の判断で接種を検討する。
・自己負担。

※ご来院の際は、母子手帳をお持ち下さい
※母子手帳をお忘れの場合接種できませんのでご注意下さい。

→「当院で接種できるワクチン」

 

2)生ワクチンと不活化ワクチン

 ワクチンの製造過程の違いにより2つの種類があります。 一般的に不活化ワクチンは1回の接種では免疫が不十分なので複数回接種することになっています。既定の回数をしっかり受けるようにしましょう。これに対し生ワクチンは1回の接種で十分な免疫を得られます。ただし時間の経過とともに効果が弱まってしまうものもあるため、2回接種がすすめられているものも多くあります。
 生ワクチン接種後は27日間、不活化ワクチン接種後は6日間、ほかのワクチンを受けられないので注意しましょう。


VPDとそのワクチン接種時期

 人生で最もたくさんのワクチンを受けるのは生後半年までと1歳のお誕生日の直後です。 それぞれどんなVPDがあるか、下の表でチェックしましょう。

●1歳までに接種するワクチン

ワクチンの種類 開始月齢(回数) 注意点やポイント
B型肝炎 0~2か月 (3回) ヒブや肺炎球菌と一緒に2か月から開始されることが一般的です。
ロタウイルスワクチン★ 6週 (2~3回) 1回目は14週6日までに開始することが推奨されています。2種類のワクチンがあり接種回数が異なります。
ヒブワクチン
肺炎球菌ワクチン
2か月 (3回) 2013年4月から定期接種に変更となりました。
四種混合ワクチン
(DPT-IPV)
3か月 (3回) 2 0 1 3 年8 月以降にお生まれのかたは四種混合ワクチンの適応です( 三種混合ワクチン(DPT)は製造中止となりました)
不活化ポリオワクチン
(IPV)
3か月(3回) 2012年9月から定期接種として導入されました。(四種混合ワクチンを受けられる方は、そちらにポリオが含まれています)
BCG★ (1回)

2013年4月から対象者が「生後1歳まで」になりました。標準的には生後5~8か月で接種しましょう。2016年4月から、八王子市では集団接種から個別接種に変更となりました。

●1歳を過ぎたら早期に接種するワクチンについて

ワクチンの種類 開始月齢(回数) 注意点やポイント
麻しん・風しん★ 1歳(2回) 就学前の2期も忘れず接種しましょう。
水痘★ 1歳(2回) 3ケ月〜1年間隔で2回接種になります。
おたふくかぜ★ 1歳(2回) 就学前の2回目の接種も推奨されています。
肺炎球菌(追加接種)
ヒブ(追加接種)
1歳(1回) 両方とも1歳を過ぎたら早めに接種しましょう。
四種混合(追加接種) 1歳(1回) 3回目の接種からおおむね1年あけて接種しましょう。
不活化ポリオ(追加接種) 1歳(1回) 3回目の接種から1年~1年半あけて接種しましょう。

   定期接種のワクチン   ★ 生ワクチン

*各ワクチンの詳細は「小児科コラム」を参照してください。

ワクチンデビューは、生後2か月の誕生日

同時接種について

たとえばヒブワクチンと肺炎球菌ワクチンを同じ日に、違う場所(左右の腕や太ももなど)に接種することを同時接種といいます。これだけたくさんのワクチンをVPDにかかってしまう前に受けるためには同時接種は必要かつ有効な手段といえます。当院では積極的に同時接種をおこなっていますが強制ではありません。同時接種に関して不安があるかたは接種前に医師に相談してください。
同時接種のメリット
① 来院回数を減らすことが出来ます。
② スケジュールが立てやすくなり接種漏れが少なくなります。
③ 短期間で免疫が得られます。
※ワクチンの効果、副反応は単独接種と変わらないと言われています。

関連コラム:○予防接種について  ○ワクチンの同時接種について



ワクチンの接種方法

診療のご案内  かつてはどの年齢のお子さんにも主に腕に接種してきました。
しかし同時接種が一般的になった現在では、より安全で接種部位が広く、痛みも少ないとされる大腿(太もも)に接種することが、日本小児科学会からも推奨されています。これを受け、当院でも体の小さいお子さんには太ももに接種しています
 

南大沢メディカルプラザ 小児科

院内風景

〒192-0364
東京都八王子市南大沢2-25 フォレストモール南大沢2階

TEL
042-670-5922
FAX
042-670-5923

予約方法のご案内

地図

南大沢メディカルプラザ 小児科の地図

拡大